怪我と後悔

実家に帰ると坂の上にあるスーパーに歩いて行く。父と子と私。父は自転車の荷台に子を乗せて押して歩く。何度目かのとき慣れたからと父がゆっくり漕ぐことを条件に荷台に子。そして、というかやっぱりというか2回目で恐れていたことが起きた。子の右足が後輪に巻き込まれた。少し後ろを歩いていた自分は巻き込まれていく足を見た。普段なら曲がらない方向に向いた足。急いで駆けつけ車輪から足を引っ張り出し大泣きする子を抱っこして走って家に帰った。確実に防げた怪我。子に対して申し訳なくて、危険な目にあわせてしまった後悔が瞬時にどっと押し寄せる。土曜の夕方で診てくれる病院を探すため一番近い総合病院に電話。そこから消防に電話して今の時間に救急診療をしてくれる一番近い病院を聞く。今すぐ診てもらわなければ、という一心で足の皮膚が抉られてしまって泣き止まない子は父に任せ、といっても父もどうしていいか分からず涙と鼻水を拭くのみ。2つ隣町の病院まで行きレントゲンをとってもらい骨折はしていないと分かり一安心。傷の処置のみで済んだ。折れてないとはいえ痛いはずで、5日くらい歩かなかった。が、幼稚園に通い始めたら少しずつ歩いてくれるようになり幼稚園の環境に感謝。

 

昨日3歳の子がマンション9階から転落死というニュースがやっていた。熱で幼稚園を休んでいて寝ている隙に母親が買い物に出掛けた間に起こった悲しいニュース。寝たばかりだから急いで行ってくれば大丈夫と思ったんだろう。子が1人で寝ている隙にダッシュで買い物したこと自分もある。病気の子を連れて買い物にはいけないから、できればしたくないけど今のうちにってすごく分かる。我が子と同じ3歳だからどの程度出来たり動けるのかも分かる。窓の鍵はもう1人で開けれる、のに我が家にはチャイルドロックなど付けていない。ベランダに台になるようなものがあってそれに上って転落した、我が家にはベランダに台になるようなものはないけど椅子を運んでくることは出来る。 きっとこの子は起きたらいるはずのママがいなくて、部屋中をくまなく探してもどこにも居ないからベランダに出て外を見ようとしたんだろうな。ひとつひとつが悲しいほどに鍵穴にカチッとはまってしまった。起きてしまったことはもう戻らない。この子のママの後悔がどうかどうか………このあとの言葉が全く思い浮かばない。この後悔が消えることはないし月日を重ねるごとに膨らんでいく。もし生きていれば七五三、入学式、卒業式、成人式……想像しただけで苦しい。このママにずっとそっと寄り添ってくれる存在が絶えませんように。

マニアック@新国立劇場 中劇場20190220

安田章大古田新太と同じ舞台に立つ音楽劇。期待値ストップ高。チケットはエレキイベントで知り合った人がたまたまeighterでその方と仲良くなり取ってもらって一緒に観劇してきました。

安田くんが歌って踊ってギター弾いて演じてるだけでもう胸いっぱい。2018年コンサートツアーで激しい動きを自重していたあの安田くんがステップ踏むのを見れただけでチケット代12,000円の元が取れたといっても大袈裟じゃない。きっと裏では他の人以上に体のケアをしていただろうし、求められる以上のことをしようと苦しんだとも思うけど、楽しそうにのびのびと舞台上にいる姿を見て「生きているだけでファンサ」これに尽きる!

 

舞台としては実力のある俳優陣がどうしようもない設定のなかで真剣に遊ぶ、という印象。町の精神病院で院長(古田新太)が身寄りのない患者にロボトミー手術をして意のままに動かそうとしている。その院長の娘が血を見るとペニスを吸いたくなる医者の卵・メイ(成海璃子)。病院の植木剪定を頼まれメイに一目ぼれしてしまったアキラ(安田章大)。アキラはバツイチで元嫁がケータイ依存症で精神病んで医者に薬漬けにされてしまい医者に良い印象を抱いていないという設定もあり。これだけ読むと小劇場で行われてそうな地獄の戯曲。いやそれは確実に行われていた。やたらと登場人物多くて上演時間もやたら長くカーテンコールも舞台上ぎゅうぎゅうで客席ほぼ身内……みたいな地獄に昔居合わせたことあるなーと遠い目。その地獄がフラッシュバックしながら観劇。で、ラストは成海さんがかなまら祭りよろしくな御神体に跨りわっしょい!!!わーーー何これ!?ナンセンスギャグかしら!?こんなのは舞台でしか出来ないよね!きゃっきゃっ!ということで宜しいでしょうか?

あと音響設定がイマイチで男性陣が歌うと何言ってるか分からないことが多々あり。女性陣はそんなことなかったから発声の仕方の問題?どういう問題?

あとあとJ舞台のスタオベ問題。今まで2度ほどジャニーズの人が出演している舞台を観劇したけどもれなくスタオベ。しかもカーテンコール3回目で立つ、というのはJ一般常識ですか?舞台の終わりを目の当たりにして、感情が昂って始めた拍手が止められないほどの時にどうしようもなくて立ち上がってしまうのがスタオベだと思ってる。ので周りは全員立ち上がってるけど最後まで座ってました。空気読めなさすぎですね。すみません。

 

南海キャンディーズしずちゃんも出演してたんだけど、とてもいい感じだったのは収穫。いなくてもいい役な気はしたんだけど(病院一帯を買い占めてホテルを建てようとしている女社長役)この舞台では常識人側の役で、いつものしずちゃんの少し篭った喋り方ではなくて外側にしっかり届く声と演技だった。こういうのも出来たら演技の仕事幅が増えるだろうなー。

 

音楽劇はこういうものなのだろうか?という感情をこの一ヵ月後に観劇する「世界は一人」がひとつの答えをくれた。この感想はまた今度。

ボヘミアン・ラプソディ

エンドロールも終わり劇場明転。公開2ヶ月経って尚満席の観客が帰っていく中、女子高生が友達に「感動とかではなかったね…なんかね…」と言いながら帰り支度の準備をしていた。その会話を聞きながらラスト20分もあったライブシーンをぼろぼろ泣きながらレモンサワーを飲んで観ていた自分は何だったのか?と回顧しなくてはいけない。

不思議な感覚の映画だった。Queenあっての映画なのは分かっていたけど、物語としてはとても削ぎ落とされていて、それよりも音楽で映画を紡いでいく量が圧倒的。映画が始まる前に入る20世紀フォックスマークで流れた「20th century fox fanfare」を聴いてしまった時点でもう優勝の予感あり。

時代を切り開こうとする者の孤高/孤独。落ちていってしまったフレディに結婚をしていた彼女が言っていたけど、あなたの周りにはいつだって大事な人たちがいた。ホームに帰ろう、って。失敗はあっていい。謝ればいい。それを許容してくれる人たちがいるなら。バンドに戻りたいという話し合いのシーンが大好き。フレディからの打診に神妙な面持ちで席を外してほしい、と伝えるメンバー。その理由が「なんとなくね」(みたいなニュアンスだったはず)って妙に意地悪顔で言う感じが堪らなかった。復帰ライブのリハーサルでフレディがエイズに侵されている話をメンバーにした後の円陣も。家族ではないけど家族以上の関係性。彼にメンバーがいて本当に良かった。

ラストのライブシーン。「エーオ!」で泣いていた自分。Queenを見てではなくQueenを見ている人たちを見て泣く。様々な表情で行われている観客のコール&レスポンス。「エーーーーーーーオ!」のとき最前警備スタッフが少し振返って笑ってるの見て更に号泣。自分はステージ上にいる人間ではないからステージ下の人間に共感したんだと思う。病院ですれ違ったたぶんエイズに侵されているだろう青年からの「エーオ」に小さく「エーオ」と返すフレディのシーンでも泣いた。「エーオ」だけでこんなに泣くなんて…もう意味とかじゃないんだよ。人生は誰かとのコール&レスポンスで成り立っているはずだから。きっと自分も誰かと……じゃない。ステージの下にいる自分は周りにいる、いてくれる大事な人たちと「エーオ!」と時に笑いながら、時に怒りながら、時に励ましあいながらコール&レスポンスをする人生でありたい。きっと女子高生が家族、友人、たぶんアイドルでもいい、その大事な誰かと生きる人生に気づけたときボヘミアンラプソディを観たら感情が動くはずだ。

最後に。猫がめちゃめちゃキュートに撮影されていたので猫好きにもおすすめ。

2018まとめ

1.関ジャニ∞にハマる

2.まりちゃんとお別れ

3.有安杏果ももクロ卒業

4.有安杏果卒業後のTwitterにもやもや

5.お義父さんが凄そうな賞受賞

6.小沢健二宇多田ヒカルのワンマンライブを見た

7.ヨーロッパ企画サマータイムマシンブルース、ワンスモア

8.滝沢秀明表舞台からプロデュース業へ、今井翼渋谷すばる退所

9.今年も子がかわいい

10.脚本を書いた

宇多田ヒカルと私

宇多田ヒカルは同年代のトップスターだ。デビューしてすぐ世間が沸き、自らCDデッキの再生ボタンを押さなくてもテレビやラジオやコンビニから彼女の歌声が聴こえてくる。宇多田との関係なんてそんなもんだった。女性に恋愛の歌ばかり歌われるとどうも拒否反応が出る時代だったんだと思う。

それから月日は流れ、2016年人間活動から表舞台に復帰したアルバム「Fantôme」を私は迷わず購入。2017年「初恋」は発売日に買いに出掛けた。そして2018年12月私は宇多田ヒカルのライブを見にさいたまスーパーアリーナに足を運ぶまでになっていた。

 

宇多田ヒカルのマイベストソングは「あなた」CDで初めて聴いたときこの歌は私が子に対する揺るがない思いそのままが詰め込まれていると思った。この歌だけ繰り返し聴いた。歌詞の考察が書かれているこのリンク先を読んで更に好きになった。韻を踏んだ先にたくさんの「ai」を散りばめてくれていたなんて。「あなた」は彼女が母親目線で作成した初めての歌らしい。初めて見る宇多田ヒカルのライブが「あなた」からスタートしたことは忘れないと思う。私は「あなた」をこれからも繰り返し聴く人生を送るんだろうな。たぶん親になっていなければ宇多田ヒカルの歌の再生ボタンを自ら押す人生はなかったかもしれない。これからも同じ時代に人の母親である彼女の歌を同じくらいの子を育てながら聴けるなんてとても幸せで心強い。